エッグサポート

エッグサポートとフーナーサポートの効果に違いは?コスパも徹底比較!

エッグサポート フーナーサポート

妊活用の潤滑ゼリーでも名高いエッグサポートとフーナーサポート。

用途は同じだと分かってはいるけれど、実際エッグサポートとフーナーサポートどう違い、効果が高いのはどちらだろう?
エッグサポートなら!
  • たっぷり大容量で潤い不足で中断したくない人
  • 精子の活動を助けて妊娠率を1%でもあげたい人
  • pH値を把握したい人
  • 使用期限で焦りたくない人
  • まとめ買いを考えている人(最大30%off)
  • 余ってガッカリしたくない人

>エッグサポート公式サイト

フーナーサポートなら!
  • 妊活向きの潤滑ゼリーを使ってみたい人
  • 1本あたりのコスパがいいものを使いたい人
  • 製造環境にこだわりたい人

>フーナーサポート公式サイト

今回はエッグサポートとフーナーサポートから成分から効果の違いやコストまで徹底比較しました。妊活用潤滑ゼリーを選ぶ参考にしてください。

エッグサポートとフーナーサポート成分の違い、効果を徹底比較!

エッグサポートフーナーサポート
エッグサポートフーナーサポート
pH7.5~8.5弱アルカリ性のみ記載
使用期限2年1年
特長
  • 浸透圧
  • 精漿のイオンバランス
  • 粘度(内容量)

エッグサポートは精漿のイオンバランスに加え、粘度や保湿性や粘膜保護=女性のケアを兼ね備えています。

  • 粘度
  • 浸透圧

フーナーサポートは浸透圧や粘度に優れたケアを備えていました。

成分水、プロパンジオール、ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲン、カルボマー、ポリアクリル酸Na、水酸化K、安息香酸Na、フェノキシエタノール精製水、ポリアクリル酸Na、クエン酸、塩化Na、カルボマー、安息香酸Na、EDTA-2Na

エッグサポートの成分特長

プロパンジオール抗菌性にも優れた保湿性を持ちます
ヒアルロン酸皮膚への刺激性がほとんどないと言われている、安全性が高くほかの保湿成分と併用すると高い保湿力をもつ。
サクシノイルアテロコラーゲン皮膚の弾力性や保護改善効果とアレルギー0.0003%とごく僅かあるアレルギー性物質アレルゲンを取り除いたコラーゲン。

フーナーサポートの成分特長

ポリアクリル酸Na高分子ポリマーと呼ばれる水溶性の成分で増粘効果やテクスチャーの調整に使われてます
カルボマー粘度の安定性を高める
EDTA-2Na抗菌目的として配合されています

次に価格比較でまとめたのでその1本あたりの容量でハッキリしました。

エッグサポートとフーナーサポート価格比較

エッグサポートとフーナーサポートの内容量と価格から1mlあたりのコスト比較をまとめました。

エッグサポートフーナーサポート
通常価格1セット6500円税別5500円税別
入り数5本7本
1本単価1300円785円
1本あたり内容量4.5ml1.6ml
1mlあたりのコスト約288円約490円
特典返金キャンペーンなし

エッグサポート、フーナーサポートは1箱当たりのコストはこのようになります。1本あたりの内容量で考えると1mlあたりのコスパはエッグサポートが優れていることがわかります。

まとめ買いによるメリット比較

エッグサポートフーナーサポート
1箱6500円5500円
2箱9800円
@4900円
9000円
@4500
3箱13600円
@4530
13500円
@4500

エッグサポートは2箱以上でまとめ買いで、20%から最大30%の割引があります。さらに返金キャンペーンもあるので、まとめ買いしても決して損しませんね!その点フーナーサポートは2箱以上でも割引率が上昇しませんし、サプリなどの特典や返金などもありません。

エッグサポートフーナーサポートの取り扱い販売店舗

エッグサポートとフーナーサポートの取り扱い販売店舗についてまとめました。

エッグサポートフーナーサポート
公式サイト
楽天市場×
Amazon
薬局××
ドラッグストア××

取り扱い店舗を調べてみると、上記のようになりました。2019/3/27現在

薬局やドラッグストア探してみましたが、見つけられませんでした。

エッグサポート、フーナーサポートの製造環境

エッグサポートとフーナーサポートの製造販売体制などを詳しくまとめました。

エッグサポートフーナーサポート
日本製
食品成分
急性経口毒性試験記載なし
皮膚一次刺激性試験記載なし
クリーンルーム記載なし
自社製造・直販体制記載なし

 

クリーンルームの定義はこちらが参考なります

クリーンルーム定義

エッグサポートが公開している10000以下のクリームルームは約30cmの四方の立方体に0.5ナノメートル以上の大きさの粒子が1万個以下ということになります。

フーナーサポートの製造について記載は見つけられませんでしたが、自社製造・直販体制をとっているということなので、Amazonなどでも安心して利用できそうです。

エッグサポートは楽天やamazonでも販売されていますが、直販体制ではなく類似品や転売品の可能性も否めないので楽天やamazon利用する場合は注意が必要です。

エッグサポートとフーナーサポートの特長おさらい

エッグサポートとフーナーサポートを徹底比較する前に、それぞれの妊活用潤滑ゼリーの特長をおさらいしておきましょう。

 

まず、エッグサポートです。

エッグサポートの特長

エッグサポート

エッグサポートは、男性・女性の妊活で障害となりえる症状に対応しています。

 

  • pH(ペーハー)値の最適化
  • 女性の分泌液の粘度の最適化
  • 精子の運動力を促進
  • 皮膚や粘膜保護

 

以上がエッグサポートの特長です。

 

中でも精子を運ぶ精漿(せいしょう)のイオンバランスを整えスムーズな運動をサポートし成功率が高められています。そして排卵日と同様に分泌液が多い状態に近づける内容量と粘度を実現してスムーズな精子のサポートが組まれています。エッグサポートの口コミや評判記事にまとめました。合わせて読んでみてください。

 

エッグサポート
エッグサポートの効果的なタイミングや正しい使い方は?口コミ評判どう?エッグサポートは精子の運動性を高める適切な浸透圧や粘度、最適なpH値により多く届け妊娠しやすい環境を整えられる妊活ゼリーです。クリールー...

 

次はフーナーサポートです。

フーナーサポートの特長

 

フーナーサポートは、男性の精子が女性にしっかり届くことを意識し、最適な粘度・pH・浸透圧の3つを実現しています。

  • 女性の分泌液を最適な粘度に調整
  • pH値の最適化
  • 体液と同様の浸透圧

以上がフーナーサポートの特長です。

エッグサポートとフーナーサポートどちらも精子の活動を維持しつつ女性に確実に届けられるよう、粘度・pH値・浸透圧にこだわっています。

大きな違いはエッグサポートがより女性の皮膚や粘膜保護に注力している妊活用潤滑ゼリーでああるということです。

エッグサポートとフーナーサポートの効果を比較しました。

さいごに

エッグサポートとフーナーサポートを比較しました。

いかがでしたか?

妊娠用潤滑ゼリー選ぶなら、エッグサポートがオススメ!充実した内容量、精漿による精子運動のサポート、まとめ買いによるコスパやおめでた返金キャンペーンのバックアップがあるからです。

コスト面も含め、利用回数を重視するならフーナーサポートが便利かなという感想です。ただし購入は直販店からの購入がトラブルにならず安心です。

 

直販店のリンクはこちらからどうぞ

 

こちらの記事を読まれた方はほかの妊活用潤滑ゼリーも読んでいます。

妊活用潤滑ゼリーおすすめ国産品を徹底比較