妊活コラム

「できやすい日」で妊活成功!?排卵日を知ることで出来る3つのコト

妊活成功のためには排卵日計算ソフトなどを使って、できやすい日――「排卵日」にパートナーと性交渉を行うべきです。

日本産婦人科学会によると、結婚しているカップルの6組に1組は不妊に悩んでいるそうです。
昨今の「晩婚化」に伴い、一昔まえに比べると確実に妊娠しづらくなっている日本人。

ただ中にはできやすい日を知らなかったが故に、ムダな不妊に悩まされ、妊娠しやすい時期を逃している方も、一定数いらっしゃいます。

きちんと排卵日をチェックし、妊活ゼリーなどを利用して妊娠確率を上げれば、不妊症治療を行う前段階でしっかり妊娠することが出来るケースも少なくありません。

「できやすい日」がなぜ重要なのか。排卵日を知るべき3つのコト

妊活 できやすい日
  1. 「できやすい日」に性交渉することで妊娠確率が上がるから
  2. 「できやすい日」に夫婦の時間を取りやすくなるから
  3. 「できやすい日」に備えていろんな準備がしやすい

男性は勘違いしがちですが、女性の身体はいつ性交渉しても妊娠するようにはなっていません。

妊娠するためには方法よりも、タイミングが大事。
闇雲に性交渉したところで、妊娠する確率は上がりませんし、それで妊娠しなかった場合はお互いに気まずい思いをするだけになってしまいます!

しかし、排卵日計算ソフトを使い事前に排卵日を知っておけば、妊娠確率は上がるし、夫婦仲がムダにギスギスすることもありません!

それでは、なぜ「できやすい日」を知る必要があるのか、その理由を1つずつ紐解いて参りたいと思います。

1.ムダ打ちは厳禁! 妊活のタイミングで妊娠確率が変わる

男性はAVなどの影響もあってか「性交渉すれば、方って置いても妊娠する」と安易に考えがちです。

残念ながら女性の身体はそんなに都合よくは出来ていません。

年齢や女性の体調などによって微妙に異なりますが、「できやすい日」と「そうでない日」にそれぞれ性交渉した場合、妊娠確率は大きく異なるそうです。

▼20~30代女性の場合

  • できやすい日に性交渉……25~30%
  • そうでない日に性交渉……10%~

※1回の性交渉で妊娠するおおよその確率

当たり前ですが「できやすい日」に性交渉をすれば、妊娠の確率はグーンと上がります。
ただ上がったとしても、妊娠する確率は4分の1程度。

しかし、そうでない日に性交渉した場合は10回に1回程度しか妊娠しない……そう考えると、効率的な妊活のためにもできやすい日の性交渉は逃せない!
(あくまで確率的な話で絶対ではありません)

なお「できやすい日」と「そうでない日」も関係なく、性交渉する場合は、性交渉する頻度が高ければ妊娠しやすくなります。
ただ男性の精子も熟成が必要なことから「逆に毎日の性交渉は妊娠しづらくなる」というケースもあるので、一概に「タイミングに関係なく性交渉をしても妊娠する」とは言えません。

2.「できやすい日」を把握することで夫婦の時間も取りやすい!

女性が男性に対して、勘違いしていること。
それは「いつでも性交渉が出来る!」というワケではないということです。

テレビドラマなどでもよくあるパターンですが、男性にも「ムショーに性交渉したい日」と「今日はそこまで……」という日が存在しています。

まぁ男性の方がまだ若く、新婚ほやほやなら毎日が「ムショーに性交渉したい日」かも知れません。しかし、普通に働く男性はよほどの”性豪”でもない限り、毎日の性交渉はもちろん、「今日、お願い♪」という女性の妊活タイミングに合わせての性交渉も難しい場合があります……。

でも、排卵日計算ソフトで事前に性交渉するタイミングがわかっていれば、男性側も心と身体の準備が出来るす!

また働く女性からしても、事前に「できやすい日」がわかっていれば、その日は仕事を早あがりするように心がけたり、モロモロの”夜の準備”も変わって来ますよね?

「できやすい日」を知るということは、単に妊娠確率を上げるだけでなく、夫婦お互いの精神的・肉体的な負担を軽くすることが出来るのです。

3.できやすい日を知れば、性交渉の準備がしやすくなる!

妊娠確率を高めるためには「できやすい日」に性交渉をすることが、重要です。
そして、できれば「できやすい日」に備えて夫婦共々コンディションを高め、より妊娠しやすくするべきでしょう。

2でも触れましたが「できやすい日=性交渉する日」とわかっていれば、男性側も女性側もその日に向けたコンディションを整えやすい。

試合日を待つプロボクサーのように、この日に最大のポテンシャルを引き出すことで、より楽しく、より効率的に妊娠しやすくなります!

「できやすい日」にポテンシャルを上げる方法一覧

  • 禁欲する……性交渉の成功率が上がる
  • 運動する……スクワット系で精子量アップ!
  • 食事を変える……タンパク質多めで精子を多く作る
  • ムードを高める……興奮度が高まり回数アップも!

禁欲することで男性の性欲が高まる!

結婚すると男性は、常に”奥さん”という異性に触れているため、性的な興奮が高まりにくくなります。

しかし、あえて「できやすい日」に向けて裸を見せなかったり、スキンシップをそっけなくしたりして、禁欲してあげると「できやすい日」の性交渉の際に男性の興奮度が高まり、性交渉の成功確率が「ぐん」と上がります。

運動の仕方を変えて、精子量を増やそう!

当たり前ですが、性交渉時に放出される精子の量が多ければ、多いほど妊活は成功しやすくなります。

「できやすい日」が事前にわかっていれば、いつもの運動や筋トレに精子量を増やすとされている“スクワット系”の運動を追加することが出来ます。

またスクワットには、男性の下半身を元気にする効果も期待できるので「できやすい日」に備えてスクワット系の運動も、しっかり増やしておきましょう。

タンパク質中心の食生活で精子の製造量を増やす

精子はタンパク質で構成されています。
言ってしまえば、妊活のために精子の量を増やしたいのなら<野菜中心の食生活➞肉中心の食生活>に変えるのが1番。

ただ、健康ことを考えるとずっと肉中心の食生活は出来ないので「できやすい日」に向けて、少しずつ摂取するタンパク質の量を増やしてあげると精子の製造量を増やしやすくなります。

ムーディーな演出でお互いの興奮度を高めよう!

女性も、男性も性交渉が「作業」になってしまうと苦痛でしかありません。

そもそも性交渉は妊活だけでなく、お互いの絆を高め合うための行為です。

「できやすい日」の妊娠確率を上げ、お互いの絆を高めるためにも特別感のある演出(ホテルに行ったり、セクシーな格好をしてみたり)で、お互いの興奮度を高めましょう。
……たぶん、結果的に性交渉の回数が増えるので、妊活が成功しやすくなります♪

妊活成功のために「できやすい日」を知っておこう!

妊活は1度の性交渉で「はい、おしまい」という代物ではありません。

特に30代以降のカップルの場合は回数を重ねる必要があります。
そんな時、闇雲に性交渉をしていてば成功するものも、成功出来ません……。

妊活成功の鍵は「できやすい日」を知り、それを有効に活用すること。
そのためにも妊活ローション「ハローベビーゼリー」と「排卵日計算ソフト」を使って、しっかり妊活に備えるのが大事。

アナタの未来の赤ちゃんのためにも、まずは「できやすい日」を把握することから、はじめませんか?