妊活コラム

妊活にはプロテインがおすすめって本当?その理由や効果を解説!

妊活には「プロテイン」が良い、という話を最近よく耳にするようになりました。

プロテインと言えば筋肉を増強するというイメージが一般的ですが、なぜ妊活に効果的と言われるようになったのでしょう?

妊娠するためにプロテインがどんな働きをしてくれるのか、そして摂取するデメリットはあるのか、この記事では妊活とプロテインの関係を詳しく解説します。

妊活にプロテインを選ぶ人が多くなっている

妊活にプロテインを選ぶ人が増えている

妊活と言えば葉酸やマカといったサプリがまず思い浮かびますよね。

しかし、最近妊活中の男女に注目され始めているのが「プロテイン」です。

2018年1月に第1子を出産した元モー娘。の保田圭さんも、妊活中にプロテインを毎日飲んでいたそう!

プロテインとは日本語で「タンパク質」のことです。

三大栄養素のひとつであるタンパク質は、筋肉をはじめ、内臓・骨・血液・肌や髪といった、私たちのカラダをつくる根本的な材料です。

それはもちろん、卵巣や子宮などの臓器にとっても同じこと

欧米人に比べてタンパク質の摂取量が少ないアジア人は、卵子の質が低下しやすく不妊率が高いことも分かっています。

そんなタンパク質を効率的に補給できるとして、今妊活において注目されつつあるのがプロテインなのです。

なんで妊活にプロテインが効果的なの?

妊活のプロテイン効果

妊娠するために必要不可欠なタンパク質を手軽に補えるプロテイン。

なぜ妊活中の方におすすめできるのか、さらに男性への効果など、以下で詳しく解説していきます。

プロテイン=タンパク質は妊娠しやすいカラダをつくる土台

タンパク質は3大栄養素の一つ

タンパク質は人間の体の約20%を占めており、これは実は水分(60%)に次ぐ量です。

冒頭でも触れましたが、体をつくる材料であるタンパク質が不足すれば、子宮や卵巣機能の低下や、卵子の質の低下を招く危険があります。

また、タンパク質は女性ホルモンを生成する材料でもあるため、不足すると生理周期の乱れなどの悪影響も。

特に妊活中にはできるだけ不足させないようにすることが大切です。

さらにタンパク質には妊活の大敵である「冷え」の改善効果や、子宮内膜を厚くする働きなどもあり、妊娠しやすい体質づくりのためには欠かせない栄養素と言えるのです。

妊活中に不足しがちなタンパク質をプロテインで補おう!

厚生労働省によると、日本人が1日に必要としているタンパク質の量は、成人男性で50g~60g、成人女性で40g~50g。

しかし、日本人のタンパク質摂取量は年々減少傾向にあることが分かっています。

ここで、タンパク質が豊富な代表的な食材のタンパク質含有量を見てみましょう。

  • 肉類(100gあたり)…鶏ささみ=約23g/牛もも肉=約21g
  • 卵(1個)=約6g
  • 木綿豆腐(1丁)=約20g

女性が1日の必要量を補うには、肉類なら1日200g以上、木綿豆腐なら2丁以上、卵なら6~7個も食べなければならず、毎日食べるのは中々に難しいと分かります。

また、必要量を食事から無理に摂ろうとすれば、ほとんどの場合カロリー過多になってしまうのです。

そこで注目されているのが、脂質や糖質は抑えつつタンパク質を摂れるプロテイン

ダイエットやボディメイクに使用する女性も増えていますが、プロテインなら低カロリーで良質なタンパク質をしっかり摂取することができます。

日々のタンパク質不足はもちろん、妊活中のタンパク質不足を手軽に補うためにも手に取る女性が増えているのです。

また粉末状のプロテインはアレンジしやすく、スイーツや普段の食事に加えて摂取しやすいため、妊活中に負担なく続けられることも人気が高まりつつある理由のようです。

妊活中ならソイプロテインがおすすめ

妊活のプロテインに大豆(ソイ)

プロテインには、ホエイプロテイン・ガゼインプロテイン(動物性プロテイン)とソイプロテイン(植物性プロテイン)の3種類があります。

なかでも妊活中におすすめなのが、大豆を原料とする「ソイプロテイン」

植物性タンパク質を効率よく補うことができ、さらに女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンも同時に摂れるため妊活中の女性には最適です。

イソフラボンには、卵子を老化させる「活性酸素」の除去や、さらにダイエット効果・エストロゲン様作用による美容効果など女性にとって嬉しい効果がたくさん。

妊活のサポートにプラスして、女性らしい体づくりにも役立ってくれます。

プロテインは男性の妊活にも効果が期待されている

妊活の男性へのプロテイン効果とは

男性側の不妊の原因には、精子の量が少ない、精子の運動量が少ないことが挙げられます。プロテインには、この問題を解決する可能性があることも指摘されています。

筑波大学の研究によると、精子の運動量を決定づける「精子カルシニューリン」という物質が不足しているマウスの精子は、運動量が低く受精に至りにくいことが分かっています。

そしてこの精子カルシニューリンを増やすためにプロテインの摂取が効果的という報告が発表されているのです。

またプロテインには成長ホルモンの分泌を促す「アルギニン」が含まれるため、マカなどと同様に細胞分裂を促進し精子の数を増やす効果も期待できると言われています。

プロテインによる妊活のデメリット

では、妊活中にプロテインを飲むデメリットはあるのでしょうか?

プロテインのデメリットと言えば、やはり「飲みにくさ」「シェイクする手間」です。

毎日シェイカーを振って作るのが面倒という人は多いのではないでしょうか。また、粉っぽさや独特の風味が気になる人もいるでしょう。

タブレットタイプも存在しますが、同量のタンパク質を摂取するためには摂取量を増やさなくてはならないため、パウダーより割高になるというデメリットがあります。

また過剰摂取すると内臓疲労を引き起こす場合もある他、海外製品には安全基準を超えた重金属が混入していた事例もあるので、「摂取量を守る」「国内生産品を選ぶ」などの配慮も必要です。

妊娠を確認したらプロテインは控える

妊娠を目的としている妊活は、妊娠しやすい体づくりもの。妊娠の初期症状や普段と異なる異変を感じたら、プロテインの飲用は控えましょう。

当サイトでオススメしているソイプロテインに含まれる大豆イソフラボン。そこに理由がありました。

食品安全委員会の資料を参考にすると、大豆イソフラボンは妊娠中の摂取について推奨できないとなっており、生殖器が未発達の乳幼児に対し過剰な摂取は安全性が明確ではないと判断されています。(特定保健用食品)

参考:妊娠中の大豆イソフラボン摂取について

特定保健用食品の大豆イソフラボンについてでしたが、食生活で摂取する以上に妊娠中は過剰に摂取しないということは気を付けたいポイント!

特に妊娠中はビタミンも過剰摂取にならないよう推奨されているので、経口製剤などの飲用は避けたいところです。

おすすめの妊活プロテイン

妊活中でプロテイン初心者の女性にもおすすめできるのが、100%植物由来のソイプロテインを2つ紹介します。

  • Bicle(ビクル)
  • ジェシカズ・フォーミュラ

Bicle(ビクル)

1つ目は「Bicle(ビクル)」です。

本来フィットネス利用に作られているプロテインですが、女性に不可欠な栄養分を効果的に摂取できるようにした女性のためのプロテイン。

Bicle(ビクル)は食事だけで補いきれない、必要な栄養分を摂取することで、妊活に必要な体作りを始められます。

肥満は妊活ともきっても切れない問題で、不妊症を招く原因とも言われています。

参考:肥満と不妊症の関係

肥満の解消は妊活の一部と捉えることもできるので、Bicle(ビクル)で一食置き換えることで体に必要不可欠な栄養分をキープしたままダイエットにも最適な低糖質、低脂質。

紫外線対策を体の内側からできるブライトニングパインも含むことで、体の錆への対策にも。

初回30日返金保証と初回価格がお求めやすくなっています。

ジェシカズ・フォーミュラ

2つ目は「ジェシカズ・フォーミュラ」です。

もともと女性のダイエットやボディメイクに適したプロテインで、低カロリー・低糖質ながら、タンパク質量は56%の高濃度

1杯分のカロリーは一般的なプロテインに比べて約半分、糖質は1杯0.7gに抑えてあるので、「妊活していてタンパク質不足が気になるけど、カロリーや糖質は控えたい」という人にピッタリです。

プロテイン特有の飲みにくさもしっかり克服。アサイー&ミックスベリーのさわやかな甘さは30回以上も試作・試飲を繰り返したこだわりの味だそう。

パッケージも可愛らしく、女性が手に取りやすいのもポイント。毎日のタンパク質不足を美味しく補って、妊娠しやすい身体の土台づくりに貢献してくれます。

安全性にもこだわった100%国内生産。さらに「30日間返金保証」も付いているので、初めてプロテインを飲む人でも安心ですね。

 

妊活にプロテインを…と考えている人は試してみてはいかがでしょうか?

もっと妊活の効果を高める飲み方やレシピを紹介!ダイエットにも効果的

粉末タイプが主流でアレンジしやすいプロテイン。美味しく摂れる簡単レシピもあわせて紹介します。

プロテイン×グリーンスムージー

妊活プロテイングリーンスムージー

【材料】

バナナ…1本
ほうれん草…3束
豆乳or牛乳…150mg
粉末プロテイン…10g

【作り方】

  1. ほうれん草はざく切りにし、バナナは適当な大きさに切ります
  2. 全部をミキサーにかけ混ぜればOK !

プロテイン×パンケーキ

妊活プロテイン×パンケーキ

【材料】

卵…2個
粉末プロテイン…30g
ベーキングパウダー…5g
無脂肪ヨーグルト…100g

【作り方】

  1. 卵2個とプロテインをボールに入れ、ダマが無くなるまで混ぜます
  2. ベーキングパウダー・無脂肪ヨーグルトを追加して混ぜます
  3. 熱したフライパンに流し入れ、蓋をして2.3分焼きます
  4. 生地がふっくらしたらひっくり返し、反対側も1分くらい焼いたら完成!

まとめ

妊活に良いと言われるプロテイン、そこには「タンパク質で妊娠しやすい身体の土台をつくる」という理由がありました。

不足しがちなタンパク質をプロテインで補えば、魅力的なプロポーションづくりにも。

健康な卵巣・子宮・そして卵子を育てるためにもプロテインを役立ててみませんか?