妊活コラム

妊活中なら今すぐ始めたい虫歯と親知らずの治療と胎児への影響とは?

妊活 虫歯 治療

妊活を始めたら、すぐに取り組みたい妊活の一つして言われているのが、虫歯や親知らずなどお口のケアと虫歯や親知らずの治療です。

虫歯は虫歯菌が感染することで起きる感染症。すなわち親が虫歯が多いと必然的に子供も虫歯のリスクが高くなるといわれています。

妊活が実り赤ちゃんを授かってから、虫歯や親知らずの治療始めることもできますが、母体だけでなく、赤ちゃんへの影響も気になります。

今回は妊活を始めたら取り組みたい虫歯と親知らずの治療と、赤ちゃんへの影響についてまとめました。

妊活をはじめようと考えているあなた、ご夫婦やカップルの参考になればとてもうれしいです。

妊活中に虫歯や親知らずを治療しておきたい2つのワケ

妊活 歯医者

妊活を始めてからは、常に赤ちゃんの可能性を第一に考えなければいけません。

  1. 治療の赤ちゃんへの影響
  2. 母体の状態

妊活をはじめたらはじめにに虫歯や親知らず、お口の状態やケアをしたい理由となります。

①治療の赤ちゃんへの影響

虫歯や親知らずの治療には、胎児への影響が懸念されるためです。

どのような治療が当てはまるかといえば、レントゲンや薬や麻酔などが当てはまるのではないでしょうか。

②母体の状態

もう一つ妊活を始めたら処置やケアを始めたい理由に母体の状態です。

二人目や3人目の方でも辛い悪阻

胎児への影響のほかにも妊娠初期にはこの悪阻があります。悪阻は香りだけでダメという方もいますし、口に歯ブラシを入れらないという妊婦の方も多いのではないでしょうか。

味覚なども変化して、お口が気持ち悪いと感じる方やいつも食べられていたものが食べられないということも。

さらに体調不良を起こしている妊婦さんが多いことも挙げられます。

このような点から妊娠初期は治療をすることが困難となるケースも多いのだそう。

ではこんな疑問ありませんか?

  • 妊娠中は虫歯や親知らずの治療はどうして危険なの?
  • もしも治療するとなると胎児にどんな影響があるの?
  • 妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいって本当?
  • もしも妊娠中に歯が痛くなったらどうしたら・・・?

※ここからは歯科衛生士様に治療法や妊娠中の母体や胎児にどのような影響があるのか聞いてみました。

どうして妊娠中の虫歯や親知らずの治療は危険なんですか?

【虫歯の治療について】

妊娠中の虫歯治療は、麻酔の危険性が書かれているサイトもありますが、歯科治療で利用されるキシロカインと言われる麻酔は分娩時にも利用されるものだそうです。

歯科医師が適切に投与するので安心です。

ですがいくつきちんと妊活をしている状態や妊娠している、具体的に医師に伝えられるようにしましょう。

適切に妊活をしている点を医師へ伝えることも大切なので、相談しやすい歯科医を選択できているかも大きなポイントになりそう。

妊活を始めたら通い始めたりしてあらかじめ、クリーニングやメンテナンスで何度か通院し歯科医院を見極めたり、話しやすい環境を整えることも大切です。

【親知らずの治療】

親知らずとなると、少々状況が変わってくるようです。親知らずなんだし、痛くないから抜かなくても?と思ってしまいますよね。

親知らずは体調の変化により、炎症が増したり痛みが悪化することも。妊娠中は免疫力が低下しやすいので症状が頻繁にでて苦痛に感じることも。

あまりに痛みがひどいと抜歯をしなければなりませんが、ほかの歯よりも頑丈で抜きにくかったり、痛みが強くたり、麻酔が効きにくいこともあるそうです。

妊娠するさまざまなトラブルに見舞われるため、妊活はじめたらまずはじめにお口の対処しておくのが安心ですね。

妊娠中の治療は胎児にどんな影響がありますか

虫歯や親知らずの治療で必ず必要となるのがレントゲンや薬。

胎児がいるかも・・・と気になるのが、レントゲン。

虫歯治療ではじめに行うレントゲン。歯科医で利用しているレントゲンは口への局所的な照射なため胎児には問題がないと言われています。

参考:妊娠中の虫歯治療レントゲンの胎児に影響は?

 

薬などの経口製剤は妊娠中や授乳中は推奨されていないそうです。

参考:産婦人科医が回答!赤ちゃんに与える薬の影響

妊娠中は虫歯だらけや歯周病になりやすいって本当ですか?

妊娠中は虫歯になりやすいと言われているのは4つ理由が考えられます。

  1. 悪阻によりケアが行き届かない
  2. 免疫力が低下する
  3. 唾液が少なくなる
  4. 歯周病が増殖する

以上の理由から妊娠中は、虫歯や歯周病になりやすい状態に。

妊婦さんの歯周病や歯肉炎の症状は8~9割とも、早産のリスクを2倍、低体重児のリスクは4倍と高めることも分かっています。

参考:歯周病と妊娠

もしも妊娠中に歯が痛くなったら?

妊娠中に歯が痛くなってしまったら・・・と不安になってしまいますが、もしも歯が痛くなってしまったらどうしたらよいのでしょうか。

妊娠中でも治療ができないわけではありません。

妊娠初期悪阻、体調不良を除けば応急処置を行ってもらい、妊娠後に再治療が一般的になっているそうです。

妊娠中や妊活中なら気を付けたい4つのポイント

上記をふまえた上で、妊娠中や妊活中は歯科医で気を付けておきたいポイントをまとめました。

  1. 歯科医にいくときは母子手帳を持参する
  2. 産婦人科医にも相談する
  3. 治療がツライ場合は我慢しない
  4. 体調や症状は詳しく伝える

このような点を伝えられるよう気を付けてみましょう。

初めて通うよりも、何度か通院してメンテナンスを受けていれば、歯科医院の様子や顔見知りとなれば断然関わりやすさもかわるはずです。

なかには、マタニティ外来と呼ばれる歯科医師、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士さんが担当しトータルケアを行っている病院もあります。

参考:「マタニティ歯科外来」でググってみた

さいごに

いかがでしたか?

妊活を始めたら虫歯や親知らずの治療は早めに取り組みたいですね。

妊娠中は母体への負担が大きくなること、虫歯や歯周病リスクも高まってしまうこと、早産や、低体重児出産リスクが高まること。

タバコやアルコール、高齢出産よりも高いリスクと統計もでています。

もしも普段使っている歯磨き粉を替えるだけでケアできたら素敵だと思いませんか?

妊活中でも、妊娠中でもお口にいれるだけで、口の濯ぎがいらず。善玉菌で悪化しがちなお口を虫歯と歯周病、口臭ケアできる歯磨き粉も販売されています。

上記のような歯磨き粉をうまく利用して、ご夫婦又はカップルでお口の状態が悪くならないよう整えて、妊活始めませんか?

オススメ:ブリアン大人歯磨き粉